MASAYA NODA

宮崎から全国、世界へ。キヤノンブランドを背負って社会貢献したい

野田正哉 2008年入社 総合企画部 物流管理課

MASAYA NODA

what's your job?

物流部門における作業者の管理や人材育成、工場内の物流全体の改善などを担当。多角的な視点を持った改善活動で会社の利益に貢献する

なぜキヤノンだったのですか?

「宮崎から日本、世界へ社会貢献したい」という強い想いがあり、キヤノンのブランド力と製品力はとても魅力でした。部品の調達から実装・組立・梱包まで一貫して行っていることもあり、より自分の仕事や製品に自信と愛着を持って業務に取り組めると感じました。故郷である宮崎は、自分にとって一番の環境。そこで充実した生活を送り、宮崎から日本や世界の活性化につながる仕事ができればいいなと思いました。

仕事のどんなところがおもしろいですか?

私の仕事のひとつは、後進を育成すること。先輩社員の役割とは、会社の大切な資産である部下の成長を支援することだと考えています。部下の能力を引き出し、のびのびと力を発揮している様子を見るのはうれしいです。また、物流の管理者として日々の改善にも力を入れています。作業者から「ありがとう、作業しやすくなった」と喜ばれれば、会社全体にも貢献できているということ。いつでも前向きに仕事ができるのが魅力です。

どういう想いで仕事に向き合っていますか?

会社の利益に貢献する方法として、「リードタイムの短縮」があります。宮崎キヤノンでは製品の部品を購入して、組立、出荷するまでをリードタイムと言います。売上を上げる前に先に部品の支払いが発生するため、できるだけ在庫を少なく、無駄なくコンパクトに生産することが会社の負担を減らすことになります。そのため、どんな小さなことでも改善していくことが大切。工場内の物流のタイム短縮はもちろん、作業者の目線に合った作業のしやすさ、効率的な人員の配置、それにともなう人件費削減など、さまざまな対策を立てることができます。社内には「改善後は、改善前」という標語があり、改善は常に100%でないという気持ちで、仕事に向き合っています。また私は人材育成を担う管理者として、作業者に改善活動に関する課題やテーマを与えています。本人に考えさせることはもちろんですが、自らやって見せ、そこから学び取ってもらえるよう心がけています。

入社してから成長したと感じること

入社当初から多くの経験を積みたいと思い、今までに組立部門やQA部門、物流管理とさまざまな部署を渡り歩きました。そのため、工場全体の生産の流れはもちろん、それぞれの作業者の立場なども理解でき、ずいぶんと視野が広がったと思います。どの部門も円滑に業務を進めるために、どんなところを改善すればいいのか。全体を俯瞰して見るような、会社の利益貢献を意識した目を養えたことは、私の大きな財産です。

今後の目標を教えてください

キヤノンというブランドを誇れるような立場の人間になることが目標。「お客様一人ひとりに満足していただける製品を作る」という想いを社員全員が持てるよう、人材育成の面でも会社に貢献したいと思っています。そのために人材の扱い方やコーチングなど、指導者向けの研修も積極的に利用しています。また、上司や部下関係なくさまざまな人から学び、より大きな仕事やビジョンを実現できる人間になりたいです。

How to spend off days

オフの過ごし方は?

東京からUターンで宮崎に帰ってきた時は、空気もごはんもおいしいと感じました。宮崎といえば、チキン南蛮や地鶏の炭火焼、魚もおいしいのが自慢です。また、アウトドアが好きなので、長期休暇のたびに家族や友達とキャンプに出かけています。小林市など宮崎県内でも楽しめますし、前回は鹿児島県の指宿まで足をのばしました。3人の子ども達も喜んでくれるので、お休みが取りやすい環境で本当によかったと思います。