AMI NAITO

工場全体をコントロールする生産管理。未経験から頑張っています

内藤亜美 英文学科卒 2016年入社 総合企画部生産管理課

AMI NAITO

what's your job?

製品の生産計画や進捗管理を担当。工場内の要員や工具などのキャパシティを考慮しながら、関連会社と協議し、部品手配や要員配置を行う。

なぜキヤノンだったのですか?

大学進学で関東に行き、そのまま就職しました。日々の生活に追われて、ふと感じたのは「地元の宮崎へ帰りたい」という思い。安定して長く働ける企業を探してたどり着いたのがキヤノンでした。やはり、ネームバリューが大きいのが魅力。働いている知人の「福利厚生がしっかりしている」という話も後押ししてくれました。前職とはまったく違う分野でしたが、心機一転、今まで経験したことがないことをやってみたいと入社しました。

仕事のどんなところがおもしろいですか?

生産管理の仕事は、自分が立案した計画に沿って、たくさんの人や工場が動くことにおもしろさを感じます。規模が大きいのでプレッシャーもありますが、やりがいもあります。現場や技術部門、関連会社ともコミュニケーションをとりながら、1日に生産する台数を計画。日勤だけで作っているものもあれば、夜勤も稼働している製品などさまざまあって複雑なので、調整が難しいこともあります。新製品の試作品の調整なども、楽しみの一つです。

どんな風にスキルを磨いていますか?

私は未経験の中途として入社し、最初は組立作業に従事していました。右も左もわからない状態ですが、先輩がしっかり教育してくださったので、安心でした。間もなく生産管理課へ異動となったのですが、そこでもサポートしてくださるのでとくに不安はなかったです。先日は、生産管理に関する講習を受けてきた同僚が先生になり、課全体でスキルアップしようという取り組みも行いました。そうした環境なので、「私も今度講習に参加したい」とモチベーションアップにもつながっています。まだまだ経験も浅く、学ばないといけないことがたくさんありますが、わからないことをすぐに相談できる仲間がいるのは心強いです。大きなプロジェクトが一区切りしたらみんなでお疲れ会を開くなど、メリハリがあるのもいいですね。また、毎月行われている全体朝礼では目標に対する達成率などの具体的な話もあり、当事者意識をもって働くことができます。

入社してから成長したと感じること

最初は組立の作業者として従事していました。工場で働くこと自体が人生で初めてでしたが、業務を通して製品の仕組みなどを少しずつ勉強できたと思います。生産管理部門への異動後は先輩のサポートを受けながら業務を覚えました。今では一人で計画立案できるようになり、新しく入ったメンバーに教える立場に。人に教えるためには、自分が本当に理解していないといけないことを痛感。そこから学ぶこともとても大きいです。

今後の目標を教えてください

生産管理部門ではそれぞれに担当している機種があり、私は今、ユニットといって商品の一部を担当しています。理解しているのはまだまだ工場の一部分。組立の現場のことなど他部門の事情や人員など、全体を見ることができるようになりたいです。キヤノンは人材育成もしっかり行っていて、目標も細かく設定していくので自分のレベルがわかりやすいです。周囲も意識が高いので、モチベーションアップにつながっています。

How to spend off days

オフの過ごし方は?

最近の楽しみはミニバレーボール。サークルではないのですが、勤務後に社内の仲間達と近所の体育館を借りてワイワイ盛り上がっています。どんどん人も増えて、幅広い年齢層の人との交流も楽しんでいます。宮崎を離れていた期間が長かったので、週末は友人に教えてもらった評判の飲食店に行くことが多いです。また、たまに青島まで海を見にドライブに行くことも。旅行が好きなので長期休暇の際は、海外旅行を楽しんでいます。