YUUSEI OOISO

作った装置が活躍するのがうれしい。技術の磨きがいがあります

大磯裕世 情報ネットワーク工学科卒 2015年入社 第三製造部FA推進課

YUUSEI OOISO

what's your job?

カメラを組み立てるための治工具や自動代装置の設計を担当。デバック(調整)や立ち上げなども行う。

なぜキヤノンだったのですか?

福岡の大学に通っていましたが、就職は地元の宮崎を希望していました。就職活動中に知人から宮崎にキヤノンがあることを教えてもらい、説明会に行くことに。工場では、治工具を使ってカメラを自動で組み立てたり、検査する装置を作ったり、無人ロボット台車で部品を供給したりしていると聞いて、興味が湧きました。とくにロボット制作は大学でも携わっていたので、自分が大学で学んだことをキヤノンで活かせると思いました。

仕事のどんなところがおもしろいですか?

入社後1年間は大分の「ものづくり人材育成センター」で研修を行い、その後は大分の事業所で2年間、OJTで業務を覚えていました。その際にカメラを自動で組み立てる装置を作り、宮崎にその技術を持ち帰ると同時に立ち上げも行いました。自分が作った機械が、実際にカメラを組み立てているのを見てとても感動しました。まずは一つの大きな仕事をやり遂げたという、達成感も感じられてうれしかったです。

どんな環境で働いていますか?

技術部門と組立部門の距離の近さが宮崎キヤノンのいいところ。業務上のやりとりもスムーズで、現場が困っていることを拾いやすいのではないかと思います。第三製造部には組立部門の作業者からの要望を集めた「工具要求仕様書」も届きます。改善してほしいところ、新しく実装してほしいところ、その時々によって要求されることが異なるので、決まった仕事はありません。みんなの作業を円滑にするために、どんな仕様の機械が必要なのか、常に考えなくてはいけません。また、現場でも問題なく製品を量産するために日々改善を行っているので、その度に要求もレベルアップしていきます。最初に作ったものから、より複雑になっていっているのを感じます。また、装置を作って終わりではなく、調整も必要ですし、バグなどのトラブル対応もしなければいけません。みんなの知識と技術を結集して、そうした問題に立ち向かっています。

入社してから成長したと感じること

入社してすぐ先輩が作った自動代装置を見て、「すごいものを作っている!」と感動しました。大学で同じ分野を学んだと言っても、実際に工場で作っているものは異なりますし、技術の高さも圧倒的。研修やOJTを通して知識と技術を習得し、自分が作る側になった時に初めて、第一歩を踏み出すことができたと感じました。これからどんどん経験を積み重ねていって、どんな要求にも応えられるようになりたいです。

今後の目標を教えてください

現在、他の事業所でスキルを磨いて宮崎に帰ってきたメンバーが、もっと技術を高めようと活動しています。まだ配属されたばかりのメンバーもいるので、ひとまず部門全体のレベルアップを図ることが先決。今は他拠点の方に手伝ってもらうことも多いので、宮崎のメンバーだけで立ち上げられるようになるのが目標。そのためには私自身ももっと技術を磨き、現場の声に耳を傾ける必要があると思っています。

How to spend off days

オフの過ごし方は?

冬はスノーボード、夏は釣りとアウトドア派です。宮崎は自然も多いですし、同じくさまざまなアクティビティを楽しめる大分も比較的近いのでいいですね。また、職場の周囲には居酒屋が多く、ノー残業デーの日などよく先輩たちと飲みに行きます。とくにお店が集中しているエリアは自宅から歩ける距離にあるので、帰宅して徒歩で直行。運転代行サービスもとても安いので便利ですよ。定時も早いので18時から飲むこともあります。