AIMI ISHIKAWA

年齢性別関係なく、チームワークを大切に働ける職場です

石川愛実 2016年入社 第三製造部加工技術課

AIMI ISHIKAWA

what's your job?

カメラを組み立てるための治工具などに使用する、加工部品の測定を担当。

なぜキヤノンだったのですか?

昔から写真を撮ることが好きだったので、カメラに関わる仕事をしてみたいと思ったのが一番の理由です。地元が宮崎なので、就職先を探す時にまっさきに候補にあがったのがキヤノン。高校の先輩も働いていて評判は聞いていましたし、福利厚生が充実しているなど、先生からも強く勧められました。「やりたいことも重要だけれど、安定して長く働ける職場が大事」という両親のアドバイスにもぴったりで、迷わず決めました。

仕事のどんなところがおもしろいですか?

生産技術課は簡単に言うと、カメラを組み立てるための治工具を作る部署です。みんなでどういう工程で作っていくか話し合い、協力し合ってひとつのものが出来あがっていくのが楽しいです。私が担当する加工部品の測定自体は一人で作業を行いますが、チームの一員として大切な仕事を担っているという気持ちはあります。多くの先輩に教えてもらいながら、測定のスキルを磨いてもっと貢献できるようになりたいです。

どんな環境で働いていますか?

私は生産技術課に女性として初めて配属されました。男子の方が多い工業高校に通っていたものの、やはり男性ばかりの環境なので最初は戸惑いました。ただ、みなさんフレンドリーで気軽に話しかけてくださいましたし、私も人とお話しすることは好きなので、比較的早く打ちとけられたと思います。また、私は入社してすぐに茨城県の「ものづくり人材育成センター」で約1年間研修を受けました。高校では主にパソコンを扱う情報系の学科だったので、実は技術に関する知識はほとんどありませんでした。慣れない技術の勉強なので苦手意識はありましたが、一から丁寧に教えてくださったのでだんだん興味を持って学べるようになりました。今は技術系の分野を学ぶ女性もめずらしくなく、生産技術課にも女性メンバーが私のほかに2名います。性別関係なく働きやすい職場なので、これからももっと女性が増えるといいなと思っています。

入社してから成長したと感じること

茨城県での研修では機械のことなど技術分野の基本的なことを学びましたが、実際の現場では使っている機械も環境も違うので、一から覚えることばかりでした。今は加工部品の測定を一人で行えるようになったので、それだけでも成長できたと感じます。以前よりも生産技術課の業務内容も理解できているので、積極的に取り組めるようになりました。また、わからないことを相談できる先輩方がサポートしてくれるので安心です。

今後の目標を教えてください

まだ同じ測定業務での後輩はいませんが、これから先輩として教える立場になっていくと思います。とにかく今自分は行っている業務について、いろんな方から知識と技術を吸収して、後輩たちに伝えていけるようになるといいなと思っています。そのために今度、精密測定に関する社内検定を受験します。とても難しいので私にとっては大きなチャレンジ。結果はどうあれ、勉強しただけ知識はついてくると信じて頑張っています。

How to spend off days

オフの過ごし方は?

宮崎は自然が豊かなのが魅力。私はカメラで風景写真を撮るのが好きなので、入社後に購入した一眼レフを持ってよく海に出かけています。つい最近は青島にドライブに行きました。また、GWやお盆、お正月はしっかり長期休暇をいただけるので、旅行を計画することも。また、茨城の研修先で仲良くなったメンバーに会いに、関東方面に遊びに行くことも多いですね。メリハリつけて働けるのがうれしいです。