KAZUHIRO YOKOYAMA

家族との時間も大切にできる。働き方改革ができました

横山和広 2010年入社 第二製造部実装課

KAZUHIRO YOKOYAMA

what's your job?

セルリーダーとして第二製造部の改善活動を担当。効率改善による高効率化やコスト削減を目指す。

なぜキヤノンだったのですか?

前職は外回りが主で、時間も不規則。長時間労働で、なかなか家族との時間が取れないのが悩みでした。働き方を見直したいと考えていたところ、キヤノンに勤めていた妻が転職を勧めてくれたのがきっかけでした。日頃から妻の話を聞いていた分、まったく経験したことのない職種へのキャリアチェンジは、それほど抵抗ありませんでした。何よりも家族の時間も持てて、安定して働けることが大きな魅力でした。

仕事のどんなところがおもしろいですか?

生産工程における作業効率の改善は、例えば作業者の振り向き1回でコンマ何秒という、厳しく数字を突き詰めていくところにあります。機械を止めずに動かすためのチェックや、工程ごとに人の動きも観察も必要なので気が抜けません。改善を重ね続けるのはとても難しいですが、自分が行った対策で結果が現れるのは楽しいです。まだ学ぶべきことが多いですが、良い上司にも恵まれ、アドバイスをいただきながら業務に取り組んでいます。

どんな環境で働いていますか?

転職して感じたことは、キヤノンは社員同士のコミュニケーションが盛んで、活気があるということ。もともと人と話すのが好きだったのですが、前職は他者とコミュニケーションを取る機会が少なかったので、気分転換を行うことが難しかったんです。今は製造セルの作業者と業務上やりとりを行うことはもちろん、休憩中など気軽に声をかけてくれるのがありがたいですね。中途で入社した直後も、実装課に異動してからも、たくさんの方が気にかけてくれて、受け入れてくださっているんだと感じました。また、前職と比べて格段にプライベートの時間を確保しやすくなったのがうれしいです。繁忙期に残業はありますが、週2日はノー残業デーで、帰宅して家族との団らんを楽しんでいます。妻も同じキヤノンの社員なので揃って土日も大型連休も過ごすことができ、入社して生活が一変したと実感しています。

入社してから成長したと感じること

一つひとつの改善に対して成果が表れ、次のステップにつなげることができるようになったのは大きな成長だと思います。改善活動は生産工程を一つひとつ調べあげ、無駄を見つけていくこと。例えば時間の削減ができ、空いた時間に他の作業を取り入れるとか、日勤夜勤の体制を日勤のみにできれば人件費の削減にもつながります。自分が成長した分だけ、もっと改善に厳しい目を持つことができ、会社にも貢献できると思っています。

今後の目標を教えてください

以前も梱包部門のセルリーダーとして全体を見る業務を担当していましたが、実装課の役割とはまったく異なるので一から勉強しました。先輩や上司に聞いて知識を増やしたり、研修や試験を受けたり、大変でしたが楽しく取り組めました。良い仲間に囲まれて、モチベーションもあがるのだと思います。今後は機械の勉強もして、さらにステップアップして部門全体を見ることができるセルリーダーになりたいです。

How to spend off days

オフの過ごし方は?

趣味は魚釣り。宮崎は海が多いので、スポットに事欠きません。日南や延岡、日向まで足を伸ばすこともあります。昔は船で沖まで出ていましたが、子ども達も一緒に行くようになり、磯釣りをするようになりました。ほかにも潮干狩りなど、海のアウトドアアクティビティを楽しんでいます。また、会社では納涼祭などのイベントがあり、家族で参加することも。他の社員とも家族ぐるみの付き合いができ、働きやすさにもつながっています。