YUUNA NOMURA

仕事と両立しながら、全力で社会人サッカー活動に打ち込んでいます

野邨佑奈 2015年入社 第二製造部実装課

YUUNA NOMURA

what's your job?

プリント基板への後付け半田を担当。機械工具で自動取り付けができない部分を手作業で行う。

なぜキヤノンだったのですか?

前職はケーキショップの職人でした。お菓子作りは好きでしたが、勤務時間の長さやお休みの取りづらさで、小学生の時から続けているサッカーができないのが悩みでした。自分の時間が持てる職場への転職を考えた時、周囲の方から進められたのがキヤノン。「お休みもしっかり取れて、働きやすい」という話を聞いていたので安心でした。お菓子作りも製品の製造も、手を動かすのは同じ。転職はとくに不安はなかったです。

仕事のどんなところがおもしろいですか?

私が担当しているのは、機械で作れない大きいサイズのプリント基板に手作業で半田付けする仕事です。同じものを同じように作業していくのでかなり集中力を必要とします。台数をこなすほどだんだんコツもわかってくるので、まるでゲームのよう。効率のいい順序や方法など、手を動かしながら自分でやりやすいように考えることができるのがおもしろいです。生産計画もあるのでプレッシャーはありますが、楽しく働いています。

どんなところが働きやすいですか?

周りはベテランの方ばかりなので、わからないことはすぐに相談できるので心強いです。また、私は先輩として他部署の新人を見守るシスター・ブラザー制度も経験しました。「ちゃんと眠れてる?」「最近どう?」など他愛ない会話ですが、社員間で積極的にコミュニケーションが取れる環境が整っているので、悩みを抱えて孤立することがないのがいいと思います。また、何といっても自分の時間を持ちやすいことが一番の魅力。水曜日と金曜日にノー残業デーも設定されていますし、土日はしっかり休めるので計画が立てやすいです。私は、平日は17時に勤務が終わるとそのままサッカーの練習に行くことも。土日はサッカーの合宿が多く、キヤノンに転職してからはほぼ毎回参加できているのがうれしいですね。国体を目指すほど本格的な社会人チームなので、どれだけ練習できるかがカギなんです。好きなことを思いきり楽しみながら、安定して長く働く。理想の働き方が叶いました。

入社してから成長したと感じること

最初は慣れない作業に、1日1台こなすのがやっと。失敗もするのでたくさん損品を出しました。生産計画にも関わってくるので、プレッシャーも大きいですが、不思議と楽しんでいる自分もいました。今では1日40台くらい作業できるようになり、少しずつ自信もついてきました。タイムを測ると意識できるので作業効率は上がりますが、品質を落とすことは許されません。着実に技術を磨いていくことが、当分の課題です。

今後の目標を教えてください

プリント基板は極小サイズのものがあり、基本的にはマシンで作業しますが、取り付けが甘くズレたりするものも。それらを目視で手直しする作業者はとても技術が高く、尊敬しています。私が今扱っているプリント基板はプロジェクターの部品でサイズが大きいですし、困ったら先輩が応援に入ってくれます。作業する時はいつも緊張して手汗をかくほど、まだまだ半人前。もっとスキルを高めて、どんな作業でもこなせるようになりたいです。

How to spend off days

オフの過ごし方は?

週末はよく同じ課の同僚と美味しいものを食べに行ったり、遊んだりしています。サマータイムの時期は定時が16時半になるので、まだまだ明るいうちに帰宅できるのがいいですね。料理をすることが好きなので、「今日は何を作ろうかな」と献立を考えるのも楽しいです。また、宮崎は自然が美しいのが魅力。愛犬を連れて東郷までドライブに行くこともあります。とくにカーブが続く山道を走るのが好きです。