新工場鳥瞰図

2019  NEW FACTORY

宮崎キヤノンは1980年の設立以来、
時代のニーズとともに
開発・生産間の相互連携を
強化しながら、
自動化の強力な推進等を通じて
カメラの生産技術を磨きあげてきました。
これらの取り組みをさらに加速させるため、
宮崎県児湯郡高鍋町に宮崎キヤノンの
新しい生産拠点を建設しています。
同じ九州にある大分キヤノン、
長崎キヤノンとの連携をより一層強化し、
キヤノングループの生産工場の中核として
最適な生産体制を構築していきます。

新工場は約27万平方メートルの敷地に
延べ床面積5万4900平方メートルの
ワンフロア構造。
ワンフロア工場としては
キヤノングループ最大規模であり、
技術の発展に応じてレイアウト変更が可能な、
柱の少ない広い空間が特徴です。
生産効率はもちろんのこと、
そこで働く従業員の快適性と
地域経済の活性化も目指しています。

新工場概要

名称
宮崎キヤノン株式会社 本社高鍋事業所(仮称)
所在地
宮崎県児湯郡高鍋町大字南高鍋11700-1
敷地面積
約270,000平方メートル
延床面積
約54,900平方メートル
投資額
約230億円
事業内容
デジタルカメラの製造等
操業開始予定
2019年8月