「共生」地球や自然とも仲の良い企業であり続けたい。

宮崎キヤノン株式会社は地球環境保護の観点から、以下の環境方針を掲げています。

  1. 1.法令を遵守し、またキヤノングループ環境憲章に沿い生産活動を行う。
  2. 2.工場の環境影響評価に基づき、環境目的および環境目標を定め、これらの達成状況を適切に管理する。
  3. 3.環境管理システムを確立し維持する。更に継続的改善の推進および環境汚染を防止する。
  4. 4.全従業員に対し教育・啓蒙活動を行い、環境意識の高揚をはかる。
  5. 5.必要に応じて、環境方針および環境目的を公開する。

キヤノングループ環境憲章

1993年制定 2007年改訂

企業理念「共生」

世界の繁栄と人類の幸福のために貢献すること
そのために企業の成長と発展を果たすこと

環境保証理念

世界の繁栄と人類の幸福のため、
資源生産性の最大化を追求し、
持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。

環境保証基本方針

すべての企業活動、製品、およびサービスにおいて、 環境と経済の一致をめざし(EQCD思想)、 資源生産性の革新的な改善により、 “環境負荷の少ない製品”を提供するとともに、 人の健康と安全および自然環境を脅かす、 反社会的行為を排除する。

  1. 1.グローバルな環境保証推進体制・組織を最適化し、グループの連結環境保証を推進する。
  2. 2.製品のライフサイクル全体の環境影響を評価し、環境負荷の極小化に配慮する。
  3. 3.環境保証に不可欠な環境保証技術とエコ材料等の研究・開発を推進し、その成果を広く社会へ還元する。
  4. 4.企業活動のあらゆる面で、国/地域の適用される法律、およびその他の利害関係者との合意事項を遵守すると共に、省エネルギー、省資源、有害物質の廃除を推進する。
  5. 5.必要な資源の調達・購入に際して、より環境負荷の少ない材料・部品・製品を優先的に調達・購入する。(グリーン調達)
  6. 6.EMS(環境マネジメントシステム)を構築し、環境汚染・災害の防止と、環境負荷の継続的な改善を行う。
  7. 7.すべての利害関係者に対し、環境負荷と環境対応状況を積極的に公開する。
  8. 8.社員一人ひとりの環境意識を高め、自らが環境保全活動を遂行できるよう、環境教育・啓発活動を展開する。
  9. 9.行政機関、地域や関係団体等との連携を密にし、社会全体の環境保全活動に積極的に参画・支援・協力する。
バナー

環境活動メニュー

事業内容

良い製品と感動を宮崎から世界へ
みんなと協力し合いながら、ひとつの製品を
採用までのモデルケースを紹介